治療方針

治療方針

方針イメージ

治療の流れについて

  • 問診

    現在の症状、治療に対してのご希望などをお伺いします。
  • カウンセリング

  • 治療計画の立案

  • 治療

FAQ よくあるお問い合わせ ★ 一 般 ★

Q.歯が欠けました。処置方法を教えてください。

■少しだけ欠けた場合
欠けた部分を少しだけ削って歯の形を整えます。
少し目立つくらい欠けた場合
とれた歯がない時は元の歯の色に合わせたプラスチック(コンポジットレジン)を欠けた部分につめて治します。
■大きく欠けた場合
歯の神経にまで影響していることがあるので、歯の神経を治療します。金属の支柱を立て、人工の歯をかぶせます。
■咬耗(こうもう)の場合
年齢とともにゆっくりと進行するので、特に問題はありません。ただし、表面のエナメル質がすり減って象牙質がのぞいてくると、 その部分の象牙質がすり減るのが早くなります。そして、まるで虫歯になった様に穴が開いてしまいます。

Q.神経を取った歯はその後どうなるのですか。

神経を取るという処置は、虫歯等により歯の一部分が欠け、歯の中心部にある神経まで感染し、天然の歯をそのまま残しておくことが出来なくなったときに行うものです。
神経を取るか取らないかは、本人が痛みを感じるか感じないかが大きなポイントです。治療のため歯を削るとき痛ければ我慢出来ません。痛みを感じない程度で悪いところを全部取れるのなら問題はありませんが、痛くないところでやめて、悪い部分を残せば、当然ですが再発します。(更にひどい状態での再発になるでしょう。)
歯の神経は、あった方が良いのは当然です。神経を取れば、その歯は死んでしまうことになるのです。歯を抜いているわけではありませんので、形は残っていますが・・・。)歯自体の寿命も短くなってしまいます


Q.なぜ治療するのに何回も通う必要があるのですか?

むし歯の場合見つかるのが早ければ1回~2回で詰めて終われる事が多いと思います。
むし歯が進行していて神経まで感染していたりすると根の中を掃除する必要が出てきますので、
回数が必要になってきます。
むし歯は初期では痛みなどの症状が出にくいので、
症状が出てからでは神経が悪くなっている可能性が高くなりますから、注意が必要です。
歯周病の治療も同じで、歯石のつき方や歯ぐきの状態によりクリーニングの回数が変わってきますし、
定期的なクリーニングの間隔も変わります。

Q.最近、口臭が気になるのですが。

口臭の原因の多くは、舌や歯の汚れと細菌が産生する成分によると言われています。
歯石がつくことにより歯みがきで歯や歯ぐきに歯垢(プラーク)が取れなかったり、
かぶせ物や詰めものに隙間が出来て食べかすなどが詰まりやすくなったりすると、
歯ブラシでは取れずに臭いの元になったりします。
ですので、歯みがきの改善やむし歯の治療をすると、口臭は改善する可能性は高いと思います。
また、睡眠やストレス、口呼吸などで唾液が少ないと、細菌が増殖して口臭の元がたくさん作られます。
そのため、朝起きたとき、空腹のとき、緊張したときなどは、ふだん口臭の無い人でも口臭が強くなります。


Q.歯が再生するって本当ですか。

基本的には歯は再生しません。歯はほとんど無機質でできています。これは骨の成分とほぼ同じですが、より硬いものです。
しかし、骨と違って歯は体の表面に出ており、その周囲には唾液があり、更に多種類大量のバイ菌が存在しています。このバイ菌たちは同じ仲間ごとに集まり、バイ菌も生きている以上栄養補給をし、それを代謝する際に様々なものを出しています。その内の一つが酸です。酸は、硬さのあるもの(無機質)を腐食させます。
歯も同様で酸が出来、停滞しているところからカルシウム、リンといった成分を溶け出させるのです。それが虫歯です。
しかし、唾液の成分にもカルシウムやリンは含まれており、バイ菌や酸が歯の表面に長時間停滞せず、フッ素のような薬が作用すれば再び歯の表面にそれらが付着し、元の硬さに戻ることはあります。(再生という言葉は使わないのですが。)

 

Q.歯がしみるのですが、むし歯ですか?

歯がしみる場合まず一つはむし歯の場合です。むし歯が出来て歯に穴が開くと、
そこから神経に刺激が行くようになりしみるようになります。
もう一つは歯ぐきが下がるなどして歯の根が露出してきたり、
また歯がえぐれてきて神経が外に近くなることによってしみてくるような、知覚過敏というものがあります。
しみるから即むし歯というわけではありません。


Q.親知らずがあるのですが、抜いたほうがいいのでしょうか?

親知らずは、他の歯が生えそろってから生える歯で、あごの骨が小さくなった現代人では、
親知らずの生えるスペースがなく、横向きになったり、歯ぐきの中にもぐったままというケースが多いです。
このような親知らずが、むし歯になったり、その異常な生え方が原因で痛みが出たり、
歯ぐきが腫れたり、他の歯に悪い影響が出たりした場合には抜いたほうがいいでしょう。

 

 

 

 

FAQ よくあるお問い合わせ ★ 歯周病 ★

Q.歯周病ってどんな病気ですか?

歯周病(歯槽膿漏)とは、歯の周りの汚れである「歯垢(プラーク)」によって引き起こされる病気です。
歯の周囲にある歯肉や骨が歯垢の中の細菌の出す毒素によって傷害を受けて起こります。
歯肉は赤く腫れ、歯を取り囲んでいる骨は徐々に溶けていってしまいます。
長い期間かかって だんだん悪くなっていく病気です。多くの人が20代で始まります。


Q.最近、歯を磨くと血が出るのですが。

歯を磨いていて出血してくる場合ほとんどが歯周病や歯肉炎で、歯ぐきが悪くなっている時です。
炎症が起こることにより歯ぐきに悪い血がたまっているため、少し触っただけで血が出てきます。
歯石などを除去して歯みがきを改善し歯ぐきが健康になれば、出血しなくなることがほとんどです。

 

Q.歯槽膿漏(しそうのうろう)と歯周病はどう違うのですか?

同じものです。歯周病は、以前は「歯槽膿漏」とよばれていました。
歯槽膿漏とは歯ぐき(歯肉)から膿(うみ)のでる病気という意味ですが、その他にもさまざまな症状があることから、いまでは「歯周病」と呼ぶようになりました。


Q.歯周病って薬で治せないんですか?

薬だけでは治すことができません。 歯医者さんで歯石を取ってもらったり、ご自分で歯磨きを改善したりする必要がまずあります。 そのうえで必要ならば抗生物質の投与を受けることで歯周病の改善に効果を上げることがあります。

Q.むし歯や歯周病で全身的な病気になるんですか?

人間のからだは血液・リンパ腺・神経などによってすべての器官が連絡しあっています。
歯科の2大疾患であるむし歯と歯周病は、細菌感染症なので、
その細菌が全身に影響を及ぼすことがわかってきました(病巣感染)。
心臓病や糖尿病、胃腸障害など、循環器や消化器系の病気の発症や進行に関係し、
歯周病が口の中だけでなく全身の健康に影響があるのです。


Q.ポケット(歯周ポケット)とは何ですか?

歯と歯肉の間には、歯肉溝という1mm程度の溝があります。歯周病になるとこの溝が深くなり歯周ポケットと言います。歯周病の検査の一つで歯周病の重症度を表し、深くなるほど重症となります